東武杯

2回戦 越谷スラッガーズ(7/16) 10-4で勝利。

1回表 1番木村がセンター前H後、3番町田がタイムリーHで先制。また3塁に進め 牽制返球悪送球にて初回2点先取。先発ピッチャーは昨日から連投の望月。相手チームも1回タッチアップで1点。2回はレフトオーバーのツーランHRを打たれ2-3と逆転される。しかし3回表 木村のスリーベースHから2番巻田の内野ゴロの間に1点取り同点。流れを相手に持って行かせない。その後両チーム得点なく最終回。巻田が出塁後、3番町田・4番望月と連続レフト前タイムリーH、5番鈴木がセンターへH後 6番秋田の内野ゴロ感に得点。7番井出内野安打、8番野木ライト前H、9番小助川FBから1番木村が試合をきめる、この日4安打目の2点タイムリーHにてこの回7点取る。

最終回裏を、望月が1点に抑えナイスゲーム。(撮影:秋田母・文:秋田)

西新井リーグ杯(65チーム)

決勝戦は、ジュニアヤンガース(8/5)

5月、GWから始まった65チーム参加の西新井リーグ杯、ブラックキラーズはとうとう最後の2チームまで残り迎えた決勝戦。4年生もベンチ入りし、全員野球で優勝目指し挑戦。先発ピッチャーはエース キャプテン望月、1回の表0で抑え、順調な立ち上がり。2回表 FBから3塁に進みスクイズ決められ1失点。3回表は内野陣の堅い守りで0点に抑える。一方打線は相手エースに3回までノーヒット。0-1で迎えた4回表相手攻撃時 FBとエラーで出したランナーを2アウト後、8番バッター センター前に運ばれ2失点で0-3。4回裏に4番望月がレフトに初ヒットも、後続を抑えられ0点。そして最終回表 連続安打から6失点。最終回裏1アウト後から7番井出が内野安打で出塁、8番武市に代打 小助川がFBにて出塁。2アウト後ランナー2.3塁のチャンスも最後内野ゴロに抑えられゲームセット。0-9で残念ながら敗戦となりましたが、堂々の準優勝。閉会式、メダルを手にして子供達みんな笑顔が見えました。真夏の暑い中での試合 頑張りましたが、またいっぱい練習して秋の大会チャレンジして行こう。(撮影:大川・文:秋田)

準決勝 西巣鴨イーグルス(7/15) 8-5で勝利

決勝進出をかけた大一番は、エース望月に託す。

1回表 相手攻撃FBから連打・内野ゴロの間に3失点。しかし裏に連続FBとエラー絡みで4点取り即座に逆転し1番手ピッチャーを攻略。2回裏攻撃はFBで出た木村を3塁まで進め、1塁ランナー町田が牽制で挟まれる間に木村が好走塁にてホームインし1点。3回裏攻撃 5番鈴木が右中間フェンス直撃の大飛球のツーベースHから、8番小助川の内野安打で1点。4回裏攻撃 3番町田のレフト前Hから2つのFBで出塁。6番井出が試合を決めるレフト前2点タイムリーHで毎回得点の合計8点。投げてはエース望月が粘り強い投球にて99球 完投、守備もショート町田を中心に堅い守りとベンチの武市と四年生の大きな声で試合を盛り立て見事に勝利!

次は参加65チームの頂点目指し決勝戦 頑張ります。熱いご声援よろしくお願いします。      (撮影:井出、鈴木・文:秋田)

準々決勝は、東王ジュニア(江東区)(7/1) 18-8 にて勝利。

1回表先頭木村2BH、巻田タイムリーH、町田出塁後、4番望月がタイムリ2BH、5番鈴木タイムリーHと5点。ツーアウトとなるもその後ランナーを溜め、そこで木村、巻田のタイムリーHが飛び出し打者一巡の一挙9点を取る。

先発ピッチャー望月は1回は好投にて3人で抑えるも、2回に連続タイムリーを浴び、2番手巻田にスイッチ。何とか抑えるもこの回合計7点取られる。

3回表攻撃時再びランナーを溜め、ツーアウト後も満塁から9番武市がセンターへ3点タイムリー2BH等で更に9点取り試合を決めた。

見事にブロック制覇にてベスト4。とても暑い夏日でしたが、ご声援ありがとうございました。決勝進出目指して次の試合も頑張ります!

              (撮影:巻田、鈴木・文:秋田)

4回戦 宗岡ヤンガース(志木市) (6/10)7-6で勝利。

1回表、2点先制されるも、裏に1番木村のH、ツーアウト後、4番望月のタイムリーH、5番野木がH、6番鈴木のタイムリーHで3点取り逆転。2回表に2点取られ逆転されるも、裏に2番巻田のスクイズで1点、3回表にエラー絡みで1点とり 5-4で逆転に成功!しかし4回表に相手集中打やスクイズで2失点(5-6)と逆転される。4回裏に8番井出が相手エラーで出塁後、9番片田が送りバント、木村F Bで繋ぎ、巻田がレフトへ同点タイムリーHで6-6。最終回 野木のF Bで出塁後、7番秋田が右中間にタイムリーHの決勝打で逆転に成功!! ショート町田の安定した守備などで、投手を助け、最終回エース望月が三人で抑え完投。ベンチの選手も大きな声とコーチャーでサポート。全員野球の驚異の粘りで、シーソーゲーム見事に勝利しました。次はいよいよブロック決勝。勝ってベスト4目指します。

   (撮影:鈴木・文:秋田)

3回戦 B・B(5/5)

先発ピッチャーは秋田。3回まで毎回ランナー3塁まで進めるも、粘りのピッチングにて0点に抑える。打線は1回裏ツーアウトから3番木村FBの後、4番巻田のタイムリーで先制点。3回の裏、8番武市FB、9番野木のバントH、1番町田のFBでツーアウト満塁から3番木村が2点タイムリーH。巻田のレフトフライから、1点追加。4回ワンナウトから救援は望月、2失点に抑える。最終回、木村3BHから巻田タイムリーHにて駄目押し1点追加。5-2で勝利!(撮影:鈴木・文:秋田)

2回戦 キングエース(5/4)

初回2失点もすぐにその裏、望月Hから盗塁後相手送球失策の間に得点。木村FB後,盗塁 巻田ショートゴロの間に得点と好走塁にて2点とり追いつく。3回裏も町田DBからの盗塁、WPにて帰還、望月FBから盗塁後,巻田スクイズにて2点とり逆転。4回、5回と同様な走塁にて得点重ね、最終回は秋田FB,野木Hから片田のタイムリーHで2点とり合計8点。投げては望月が2回以降固い守備陣のサポートもあり、1人もランナーを出さず完璧なピッチング。8-2で勝利。この勢いとチームワークで3回戦も勝つぞ!(撮影:鈴木・文:秋田)

1回戦 扇ターキーズ(4/30) 

1回、2番望月タイムリー等で2点先取。その後2回、1番町田のタイムリー2BHで1点。3回は4番巻田センターH後盗塁で3塁まで進め、5番鈴木のスクイズ、6番秋田3BHから7番武市のタイムリーHにて2点。4回は町田の右中間へのソローホームラン、5回秋田Hから、8番野木のスクイズ。最終回もFBでランナーを溜め、巻田のツーランスクイズ。守備もサード木村のファインプレー等あり。見事な大技小技の毎回得点の合計9点。投げては先発望月が6回を94球8三振 被安打2、1失点の完投にてナイスピッチング。    (撮影:木村・文:秋田)

 

ジュニアスポーツ学童大会

3回戦は、レッドファイヤーズ(5/13)

1対16で敗戦     (撮影:鈴木・文:秋田)

初戦は、西伊興若潮ジュニア(4/8)

 先発ピッチャーは巻田。初回立ち上がり5失点も2番手ピッチャー望月が後続を抑える。打線は2回表に8番巻田・9番片田の連続タイムリーHにて2点返し流れを掴む。3回表 先頭打者2番木村クリーンHの後、3番望月・6番秋田の連続タイムリー2BH、7番井出のスクイズで一挙4点とり逆転に成功。

守備はキャッチャー野木が2回盗塁を刺し、ショート巻田、ファースト鈴木の好プレー続出。投手望月がその後ノーヒットで0点に抑える。

最終回に4番鈴木のタイムリー H、巻田のスクイズで2点取り試合を決め、8対5で逆転勝ち。選手・スタッフ2回戦以降この良い流れを継続し、頑張るぞ!!

                   (撮影:鈴木・文:秋田)

春季学童大会

1回戦は蒲谷キングス(3/25)

先発ピッチャーはエース望月。毎回先頭打者を出しながら苦しい展開も、

4回まで2失点に抑える。

5回表に先頭打者DBからスクイズとタイムリーにて2失点。打線は5安打も

繋がらず0-4 で敗戦。  (撮影:鈴木・文:秋田)

東部杯

1回戦は スティラーズ(荒川区)(2/25)

先発ピッチャーは 望月。立ちあがり1.2回を0点に抑える好投。3.4回に長打絡みで6失点も投げ続け87球の完投。打線は相手ピッチャーのフォアボール等好機あるも1点止まりにて、1-6で敗戦。この経験を活かして練習し、約1カ月後の全日本予選頑張るぞ!     (文:秋田・撮影:井出)

第18回ナガセケンコー杯

1回戦 オレンジイーグルス(江戸川区) 1/27

新チームになり今年初の公式戦。都内・千葉県等強豪59チームが参加の大きな大会。遠征となり緊張感のある中、先発ピッチャーは町田。初回2点先制するも、その後逆転され、4-8での最終回。フォアボールと相手エラー絡みで8-8に追いつき、その裏の攻撃を2番手ピッチャー望月が3人で抑え、延長サドンデス。ツーアウト満塁から、秋田がセンターへ2点タイムリーツーベースヒット、その後相手送球それエラー絡みで2点とり12-8。しかし、その裏逆転され12-13にてサヨナラ負け。子供達に課題はたくさんありますが、雪解けの寒い中、後半はベンチも大きな声を出し、みんな頑張りました。(文:秋田・撮影:鈴木)