ジュニアスポーツ軟式野球大会

初戦は梅田ヤングスターズ(5/14)

先発は大塚、1回・2回とランナーは出るも、決定打が出ずお互い無得点。

3回、レフトに上がったフライを後逸してしまい、ランナー二塁に。

1アウトを取るもパスボール後、痛恨のヒットを打たれてしまい先取点を許す。

4回はピッチャー山田に代わり先頭を出すも後続三人をきっちり抑え、無得点。

最終回、BKの攻撃。先頭河津がたおれるも、続く山﨑死球で盗塁。

3番鈴木四球となり1アウト1・2塁のチャンス。山田、初球ショー トフライ。

2アウトとなり最終バッター大塚。2ボールになりここで勝負のダブルスチール。

3塁に悪送球の間にランナー帰り同点。大塚四球を選び盗塁後2アウト2・3塁。

バッターは山﨑(陽)。カウント0-2でまさかのワイルドピッチで逆転に成功。

しかしランナー大塚が飛び出したところ、3塁で刺されてしまいチェンジ。

いよいよ最後の守り。ここを抑えれば勝利。

先頭を抑えるも、続くバッターに痛恨のホームランで同点。

2アウトになるも、連続エラーが出てしまい2-3でサヨナラ負け。

終わってみれば、安打は山﨑(翔)の1本に終わり、完敗でした。

応援して下さった皆さん本当にありがとうございました。

                   (撮影:鈴木母・文:大塚父)

西新井リーグ杯

2回戦は、東王ジュニア(5/4)

初回、1番鈴木のヒットをセンターがそらし、俊足を生かし先制点。

その後互いに追加点がないまま、1-0で迎えた3回表に逆転を許す。

5回裏DBでランナーを出した後、鈴木、山﨑、河津の3連打で2点を返すも

チャンスをいかせず、5-3でゲームセット。(撮影:山田母・文:久恒父)

初戦は、草加リトルパンサーズ(4/29)

1回 山翔四球、鈴木敦士の2塁打で先制点。

2回 久恒四球後3塁へ進み大塚のスクイズで追加点。

その後の攻撃では、大塚、山翔のタイムリーヒットなど着実に得点を重ね

8対1で勝利。          (撮影:大塚母・文:鈴木父)

春季大会

準決勝、リトルフィッシュ(4/30)

初回先頭、河津がセンター前ヒットするも牽制アウト等でチェンジ。

守備では、初回先頭からヒット、四球などで3失点。

2回には大川、大塚の連続内野安打等で1得点。裏を0点に抑え3回の攻撃。

河津の四球から山田のサードゴロの間に1得点。しかし、7-2で敗戦、

応援に来ていただいたチーム関係者のみなさま、ありがとうございました。

写真  (撮影:山翔母・文:六年父)

4回戦は、キングエース(4/29)

勝てば三年連続、都大会が決まる緊張感の中、初回2番山翔がライト前ヒット。3番鈴木が四球を選び、4番山田のサードゴロの間に一点先制。

3回にも、ランナーを一人置いて。山田の左中間三塁打等で追加点。

守備でも山田の被安打3のナイスピッチング。エラーにより追加点とられるも、

4-2で勝利。準決勝進出。      写真(撮影:大塚母・文:六年父)

3回戦は、レッドファイヤーズ(4/23)

山田が0点に押さえて攻撃開始。1回の攻撃、先頭河津が死球。3番鈴木も四球

4番山田の当たりがエラーをさそい2点先取。しかし相手の反撃にあい逆転を許す。

3回攻撃、山田のDBからノーヒットで満塁に。8番木村の4Bで同点。

9番町田のスクイズが成功し逆転。続く河津のヒットで3得点。

4回には、3番鈴木が4B、4番山田がヒットを打ち1得点。

最後は風で流された難しいフライを山崎陽のナイスキャッチでゲームセット。

3-6で勝利。           (撮影:鈴木幸恵・文:6年父)

初戦は、 東伊興シャインズ(4/16)

1回 先頭 河津H、盗塁で、ワンアウト3塁から、鈴木Hで先制点。

さらに、山田4B、大川犠牲フライで1点、大塚4B、久恒Hで、4点先制。

2回 河津H、町田4B、ノーアウト2.3塁 、鈴木内野ゴロの間に、1点追加。

3回 久恒H、ワンアウト3塁から、河津Hで、1点追加。

4回 相手のミスで、ワンアウト3塁、大川Hで、コールドゲーム。

先発山田 無安打完封、ナイスゲーム!7対0で、勝利(撮影:野木母、文:大川父)

平野リーグ

4戦目は、キングジャガーズ。(5/7)

19-1で勝利。次回も頑張ろう!!   (撮影:河津母・文:六年母)

3戦目も、本木ジャガーズ。(5/6)

初回、川田のセンター前ヒットから、一挙9点の大量得点。

10対1で勝利!!     (撮影:山翔母・文:六年母

2戦目も、本木ジャガーズ(4/22)  

13対0で勝利        (撮影:鈴木彰美・文:6年父)

初戦は、開会式直後の、本木ジャガーズ戦(3/25)

鈴木敦士による2本のホームランの活躍もあり、

15-1でチーム公式戦初勝利を飾った。  (撮影:大川母、文:大塚父)

東武沿線

1回戦は、 奥戸北青空(3/11)

1回、先頭、河津がヒットで出塁。盗塁でノーアウト3塁とするも後続が倒れる。2回も、大川ヒットで出塁するが後続が続かず。

4回には先頭大塚がヒットで出塁。三塁まで進むがスクイズ失敗などで無得点。

先発、大塚が実質被安打1と好投したが、エラーが重なり計4失点を与える。

0対4での敗戦。全日本にむけて気持ちひとつに頑張ろう。 

                  (文・河津父)(写真・山崎翔母)

第17回ナガセケンコー杯スプリング親善野球大会

1回戦は、 向陽台スターキッズ(1/28)

今年初の大会。緊張の中プレーボール。

初回から、毎回スコアリングポジションにランナーがでるも、4回まで無得点。

向陽台には、4回に外野の間を抜かれるホームランで、1点ビハインド。

最終回の5回には、外野エラーが続き3点追加点を許してしまう。が、そのうら山翔の3塁打から、河津2塁打、鈴木、山田、大塚と打線が繋がり同点に!

チーム初のサドンデス、相手の下位打線からの攻撃で、内野安打を続けられるなどで、5点失点。逆転を期待するも、1点しか取れず敗戦。

ピッチャー大塚は4球1、被安打3とナイスピッチング。全員のバッティングにも

成長が伺え、この敗戦を今後に活かしましょう。練習あるのみ!チーム一丸になって頑張ろう。         (文・河津父) (写真・六年母)